めろんがいるから4

スムチーのめろんとおむらいすとくるとんとまどれーぬとの何気ない生活とか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全て良しとししたほうがいいんだろうけど・・・。

散々振り回されて、約束も破られて、自分の価値観だけ押し付けられて・・・。
しかも今までのこと全てをなかったことにしようとされて・・・。

なかったことにされてるから、ぴかたはブログに出ることも当分
なさそうだしなあ。
だから知る由もないけど・・・。

そういうこっちの気持ちなんてきっとわからないんだろうなあ。

とにかく・・・ぴかたが元気でありますように。

スポンサーサイト
昨日のブログは改行がやや訳わからなくなって読みづらくてすいません。


当然のことながら今回のことで、小さなチワちゃんを育てることに自信がなくなった
わけだけど、今でも、あーすればよかったのか、それとも・・・って悩んでしまう。

というのは、ぴかたは見たことのあるひとはご存知だと思うけど、すんごく小さかった。
体重自体はおむがうちにきたときとほぼ同じなのだけど、あそこまで小さくなかった
気がする。
まあ、それだけぎっしりつまった優良な子犬だったのかもしれない。

しかし・・・小さいが故に、最初からいきなりフリーにして飼うことはできなかった。
ましてやごはんを全然食べないとなると・・・。

サークルに入れているとなきやむこと無くないているので、時々出してあげて抱っこしながら
寝かせたり、10分とか時間を決めて放してあげたりはしていた。

そう言えば車で連れて帰るときも、2時間ぐらいの間、ずっとなきやまないっていう、
かなり頑固な面は見られた。

なきながらずっとはねているので、足に負担にならないかなってつい抱っこしてしまったりも
良くなかったのかもしれないけど。

私の中ではぴかたの大きさを考えたら、いくらないたとしても、暫くはサークルでの生活を
してもらうしかないって思っていた。
だって小さい上にごはんを食べないんだもん・・・。

ところが、ぴかたを一旦ブリーダーさんの元に返してしばらくしてから言われたのは、
「ぴかちゃん、3~4時間放して遊ばせてますけど、全然元気で、ごはんも段々食べるように
なりましたよ~」と(ちなみにこの時点ではごはんは器からは食べず、そのまま床にこぼす
というスタイルじゃないと食べなかった)。
このときの私はいやでも・・・って、いきなり放しては無理でしたので・・・って言っても
「そこまでやわなこは作ってないですから」と言われるだけだった。

ってことは・・・ぴかたが食べなかったのは、私が閉じ込めて飼っていたせい?っていう
気持ちと、ぴかたが帰ってきたとして、ごはんを食べてもらうためには、あの大きさでも常に
フリーにしておかないといけないってこと?っていう気持ちが生まれて、どうしたらいいか
わからなくなった。

しかし・・・いつも私の味方をするわけではない・・・というより、ほとんど味方してくれない母は
ぴかたを見たとき、その大きさに仰天したわけだけど、
「これは、普通なら私のようにサークルで最初は育てるよー、大きさがねー」って言っていて、
「それは過保護でもなんでもないよー」と言ってくれていた。

このことは実際にぴかたを見たひとにしかわからないと思うので、母の言葉だけが救いに
なったのだけど・・・果たして実際はどうなのか、今でも考えてしまう。



ぴかたを1度譲ってもらったYブリーダーさんのブログから、なぜか今までの
ぴかたに関する記事を削除されてしまい、まるでなかったことのようにされているのが
とても嫌なので、こちらには書いておきたい。
何しろ2ヶ月近く楽しみにして3日は我が家にいた子なのだから・・・。

1.ぴかたが我が家に来た夜はなにも食べず。
  (あとでYブリーダーさんも言っていたが、カフェでも元気がなかった)
  だけど、最初の夜なのでそこまでは心配せず。

2.次の日も食べる様子がないので、ふやかしてみたり、なにかと混ぜたりありと
  あらゆることをするも、フードを10粒ほど遊び食いしただけ。
  この時点ではさすがに心配になり、Yブリーダーさんと獣医さんには相談をする。

3.更に次の日も100円玉くらいの量は食べるが、それ以上食べないので、
  かなり危機感をつのらせていたときにぴかたが2度嘔吐。
  吐いたものはレバー色で血が混じってる?みたいな感じだったので
  急いで病院で見てもらう。

4.初めて診る子だからと、簡単な健康診断をしてもらったところ、
  内蔵はエコーで診る限り形成不全みたいなのはないと言われた。
  だけど、頭をエコーで診たところ、かなりの水がたまっていて、
  水頭症の気があると言われ、どきっとした。

5.取り敢えず、吐き気をなんとかしないといけないからと、吐き気止め
  を注射してもらった。
  それプラス療法食見たいなののサンプルをもらう。

6、もしそれでも収まらなかったら小さくてかわいそうだけど、検査を
  できないこともないから、しなくてはいけないと言われた。

7. しかし・・・私は水頭症という言葉が頭に残って忘れることができなかった。
  なので先生に確認したところ、今の段階では確定というわけではないと。
  だけど、このまま吐き気が止まらなかったら、もっと詳しく検査が必要と
  言われた。

8.帰ってからYブリーダーさんに報告したところ、提案があるんですけどと言われ、
  もしかしたらまだお出しするべき時期ではなかったかもしれないので、
  一旦こちらでお預かりして様子見をしてもいいですか?と聞かれる。
  返したくない・・・けど、ごはんを食べないというのは、ある意味命に関わること。
  そうするしかないので、元気になったら戻してもらうことを前提に承諾する。

9.獣医から帰ってからのぴかたは全く鳴かないし、様子がおかしかった。
  急いでブドウ糖を与えたところ、なんとか戻ってきたという感じで、先生が出してくれた
  フードも少し食べてくれた。
  
10.夜は何かあったらこわいので、というかぴかたがきてからずっとだけど、
   リビングで寝た。
   ところが、まだ夜が明けきってないときに気になってぴかたを見たところ、また
   様子がおかしい。 
   びっくりしてまたブドウ糖を与えると、なんとか戻るのだけど、元気はない。

11.次の日Yブリーダーにお渡しして預けたのだが・・・ここからの私の発言がネガティブ
   すぎて疲れたということを後日言われる。
   私がネガティブになっていたのは、Yブリーダーさんが果たして返してくれるだろうかって
   疑っているからではなく、ここ3日ほどぴかたを見てきて・・・ただの食べず嫌いではないな
   っていうのを感じ、すぐに元気になったとしても、課題は残ると思うのでそう簡単には
   戻ってこないだろうって思ったからだ。 
   まあ、実際に私の発言は全然ネガティブだったわけではなく、その通りだったわけなのだけど。

   このときのことをYブリーダーさんはブログで、自分がごはんをちゃんと自分で食べれるように
   してから渡すのが当たり前なのに、それができてなかったので申し訳なかったと
   書いているが、昨日削除されている。

   削除した理由は、ぴかたと再出発するためとのことだが・・・意味がわからないのは私だけ
   でしょうか?

12. 預けてから何日経ってからのことかは忘れたが・・・Yブリーダーさんから、このこは隠れた  
    病気があるのではないかと思い始めているということを聞かされる。
    それを聞いて私は今までずっとぴかたのことを待ちに待っていたわけだけど、
    何かが崩れてしまったような感じで、その意見に逆らってまで、ぴかたをうちの子にするのって
    ぴかたにとってもどうなんだろうと思い初めていた。
    そしてなにより、今までだけでもかなり待ったつもり。これ以上待って、本当に戻ってくるのだろうかと。
    そしてそのことをメールで伝えたところ、Yブリーダーさんから、1度振り出しに戻しましょうという
    提案をされ、了承する。

13. しかし・・・その振り出しという言葉の意味に双方食い違いがあり、Yブリーダーさんは、色々検査したり
    したあとで、お譲りすることを考えていたと言われ、相当私はびっくりした。
    返金もされて・・・まさかそういう意図があったとはとても思えなかったからだ。

14. だけど、うちはもう別の子犬ちゃんをうちの子にするという決断をしていることも伝えたところ、
    それはそれでいいんですよーって感じで喜んでくださった・・・ように思えた。

15. が・・・それでも私はぴかたのこと、忘れるなんてもちろんできないし、あったことをなかったことに
    なんてできないのに、いきなりぴかたの今までの記事を削除されてしまって・・・。

16. 今まで話してきたことが、全て本当ではないような気がしてきた。


だいぶ端折った部分もあるけど・・・。
    

5月の季節的なもののせいなのか・・・最近ずっと頭痛と耳鳴りがすごい。

P1030704_f.jpg

1度は家族になったぴかた・・・そう簡単に忘れることなんてできない。
ましてや体調が悪かったぴかた、その後は大丈夫だろうかって毎日のように考えているけど
もううちの子ではないわけだから、知る権利もない。

忘れられないのはわかってるけど、もう忘れよう、それしかないって思い始めてる。

もうこれ以上地獄を味わいたくない。

天国からの地獄って感じで尚更厳しいものがある。

今日、ブリーダーさんと話した結果、ぴかたはブリーダーさんの元に正式に戻ることになって
しまった。

ぴかたの体のこと考えたら仕方がない。

でも気持ちが定まらなかった私はついここに気持ちをぶつけてしまったこと、反省中。

P1030726_f.jpg

だけど、誰も悪くないからこそ、どうしたらいいかわからないときってないですか?

昨日からぴかたに早く帰ってきてほしくなってしまって仕方がない・・・。

P1030699_f.jpg

めそめそ、めそめそ・・・。

ブリーダーさんが最近のぴかたの画像を送ってくださった❤

ガチャピンのベットで遊ぶのが好きみたいで❤❤

DSC_0230_f.jpg

DSC_0229_f.jpg

ぴかた、とっても元気そうなにより♪

うちで遊んでるときも、小さいのにすごく素早くてびっくりしたのを思い出した。

ブリーダーさん、お忙しい中近況を教えてくださったり、画像を送ってくださり、
とっても有り難いです。
いつもありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。