めろんがいるから4

スムチーのめろんとおむらいすとくるとんとまどれーぬとの何気ない生活とか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めろおむくるさんたちが寄り添ってくれてるからいいけどさ・・・

P1030727_f.jpg

スポンサーサイト
今日は整形外科に行ってきた。
前回左足を見てもらったときに再診の予約を入れられていたので。

左足の調子はというと、メチコバールはビタミンB12だから薬みたいに飲み始めてすぐには
効かないのでと言われていたとおり、少し経ってから気づいたら全く違和感が
無くなっていたという感じだったのだけど、最近になってまたふり出しに戻ったという
か、あれ?左足の指のどこかに何かある?っていう、前回の症状の1番最初の
症状がまた出ていた(>_<)

今回受診したときにそのことを伝えたところ、結局足自体の問題ではなく、
血行などの問題で、急に凄く動いたりして症状が出たり出なかったりっていう
感じで、特に足の指先の血管はすごく細いということを言われ、
あまり気にしない方向でねという感じで、あと栄養失調っていうのも、
血が指にいってないことがあるっていう意味の栄養不良で、身体自体の栄養不足では
ないと説明してもらってほっとした。

気にしない方向でと言われたので、もう整形外科の通院は終わりだ?と、
心の中で万歳をしていたのに、あと1ヶ月メチコバールを出させてくださいと言われ、
これは特に副作用もないしとのことで、はい・・・って感じだったのだけど、
なんとまた1ヶ月後に予約を入れられて、えええええ・・・・・・っと、心の中でかなり
動揺・・・というか、前回来たときは夕方でけっこう混んでいたのだけど、
私は特に何時でもいいって言っているからお昼ぐらいの時間に今回予約を入れられて
いたのだけど、がらがらなので、もしかして引っ張れるだけ引っ張ろうとしてる?
とか思ってしまった・・・。

もう1度見せてくださいって言ったときの先生、思いっきり私から目をそらして
いた気がするし・・・。

今3つも病院に通っていて、ここは卒業できると思ったのになあ。

持病で通っている病院は開業医じゃないせいかは知らないけど適当過ぎるし、
この整形外科みたいに開業医だと、むやみに薬出したり通わせたりってあるって
いうのは良く聞くからつい疑っちゃうけど・・・。

いやいや本当にもう1度見てもらう必要、あるかもだしね(-_-)

もう1度見てもらう必要ってなんであるんですか?とも、この先生はいい先生で
何かあったらまたこの先生にお世話になりたいと信じたい気持ちがあると聞けないけど、
この症状の今日の説明との矛盾を感じた。
せっかくここの先生はいい先生だと思っても、またなんかあったときに余分に
通わせられるかもと思うと、次はかかるのを躊躇しちゃうかも。

P1000081_f.jpg

私ってすっかり病院や先生を疑う癖がついちゃったよ・・・。

だって患者ってほんっと弱い立場なんだって痛感しちゃったから。
そもそもなぜ今回病院嫌いの私がとってもいきづらい婦人科で検診を受けたかと
いうと、そんなにひどくなかった生理痛が、いつからだろう・・・半年ぐらい前?から、
とんでもない痛さになってしまって・・・。
痛み止めの薬を飲んでも全く効かず。

色々な方から受診を勧められ、でもなかなか行けなかったのだけど、
先月実家に滞在中に、実家のすごくそばに他の科だけど良くお世話になった市
立病院があるので(今思い出すと怖い、目の手術もした)、母に背中を押されて
受診したのだ。

10時半頃から約3時間近く待たされ(一応3人の先生がその日は診ていた)
緊張と空腹という、やや相反する?理由から頭痛がし始めた瞬間、名前が呼ばれる。

まずは普通に先生が机に座ってなんの用か話をした。
幸い?女性の先生で、はっきり話す感じでなんとなく初対面から好印象の
先生だった。
それで、年齢的にも・・・ということで、癌検診もついでにやりましょうとなる絵文字名を入力してください

内診ですぐにポリープが見つかり、いきなりその場で「ポリープは見つかったら
取ることになっているので?」と、取られるエッ
不正出血の原因にもなるらしい。
小心者の私、驚いたなんてものではなかったけど、特に痛いとかはなく・・・。
後から知ったのだけど、一応どこの病院でもそうらしい・・・。
子宮筋腫もあるけど・・・大体4割の方がありますからね?と言う感じで話し続ける
先生。

そしてポリープを取られたショック?でややぼんやりしつつ先生の話をまた
机の部屋で聞いたところ、子宮筋腫で生理痛がひどくなるということはあまりないと。
そんなに子宮に問題がある感じはなかったけど、子宮内膜症という病気で
生理痛がひどくなる場合があるので、血液採取をしてから帰ってくださいと
言われる。
ポリープは病理検査に出され、私の子宮の細胞も病理検査に出され、
検査の結果を聞く日を予約して(それが今日だった)、血を取られて帰った・・・
というのが先月9月の25日の話。


本当は2週間で結果は出るのだけど、また直ぐにめろおむを引き連れて実家に
滞在するのもあれだしなあと、やや間を空けて予約をしたのだけど、
フルークの手術があったので、今日は私にしてはおそろしく早く起きて、
同じ県内なのに2度乗り換えてバスも乗って病院に行った。
でも、けっこう朝早いって爽やかだなあ?なんて言ってられないぐらい、
段々検査結果に不安を感じていた。

予約をとっていたので、すごく早く診てもらえた。

結果、ポリープも良性で、子宮も癌ではなかった??jumee☆faceA6

血液検査の結果では子宮内膜症の可能性が出る値も問題なかったの
だけど、先生が、「ただ・・・」と。

私「(ただ・・・?)」

どうやら私貧血がすごいらしいのです・・・しずく
そう言われても、あー貧血ね・・・ぐらいの最初は気持ちだったのだけど、
このレベルだと、運動をしたりすると心臓にとても負担がかかるし、
これより悪化したら入院して注射で治療する(?)ことになりますと。

えええ!!???
貧血ってそんなに深刻なことなの???
とかなりびっくり。
本来は11ぐらいの値なのが6を切っていて、3のレベルだと
入院と言われた・・・。

今まで朝礼とかで倒れたこともないし、今まで血液検査をしてきて
貧血を指摘されたことは1度もなかったのに。
といっても、最近は血液検査ほとんどしたことなかったけど。

先生に、これぐらいの貧血だと相当疲れ易いし、特に夕方ぐらいには
相当疲れが出ると思いますと言われたけど、確かにそれはあるけど、
それは持病のせいだと思っていたので、毎日やや調子悪いというのが
現在の自分の標準スペックみたいなものと思い込んでいた(もちろん
問診表に書いたので先生は私の持病も知っている)。

先生いわく、身体はその状態に慣れてしまう場合があるので、
普通の人が急にこの貧血レベルになったら相当な具合の
悪さだと思ってしまうし、
この貧血レベルでも激しい運動を今までしてきた人はまた運動を
しても急激な負担はないけど、今まで激しい運動をしてこなかったなら、
今の時点で激しい運動をすると心臓がどうなるかわからないので
注意してくださいと言われる・・・・心臓・・・?うーん。

それにしてもでぶなのに栄養失調とか貧血とか、耐え難い恥ずかしさ
ですがな!!


・・・・・・・・・・・・・・。

ただ・・・一つそういえば・・・ということが頭に浮かんだ。
以前に日記にも書いたかもだけど、私はいわゆる「氷食症」でして、
これはどういうものかというと、この名称のとおり、氷をめちゃくちゃ
食べる病気?なのだ。

1日中氷を食べているという感じで、現在この症状の人(ほとんど女性)が
増えているようでニュースのプチ情報的なものでも何度も見たことがある。

かき氷とかではなく、純粋に普通の氷を1日中ぽりぽり食べているのだ。
飲み物に氷が入っていると、氷にばかり注目してしまうという・・・
けっこう不思議な症状・・・。

この氷食症、なぜこのような症状が起きるかというと、実はちゃんと
理由があり、鉄分不足が関係あるという説が有力で、色々なコラムで
読んだことがあった。
鉄分が不足すると、口の中が熱く感じて冷やそうとするらしい。
ただ、私は自分は貧血とか鉄分不足とはまさか思っていなかったので、
本当にそれが原因なの?ってぐらいに思っていた。

何より、口の中を冷やしたいのであれば、氷でなくても、アイスとか
それこそカキ氷とかでもいいじゃん、私は氷を「噛む」ことに喜びを感じて
いるんだけどなあって思っていた。
けれど、今回の血液検査で私は物凄い鉄分不足だと知り、その説は
本当かも・・・ととってもびっくりした。
その説はじゃあ正しい可能性が・・・。
ということは、この貧血が治ったら、氷に魅力を感じなくなるの?
想像ができない・・・。

先生に、この貧血は食生活では改善できないのでしょうか?と聞いたら、
「ここまでくると無理です」といわれた・・・。
まず鉄分の錠剤が出され、それを飲むことになった。
相当胃にくるらしく、胃薬も一緒に出されたのだけど、先ほど飲んで
うとうとしていたら吐き気と腹痛で起きたしずく
かなりきてるな?・・・。

足のために出されたメチコバールというビタミンB12も胃にくるという
ことで胃薬と出されたのだけど、あちらはそんなに・・・という感じだけど、
この鉄剤はかなりきていてあちゃーという感じ。

これで改善されなければ貧血ごときで入院だなんて・・・絶対に避けない
といかん!って感じで、ひじき、小松菜、ほうれん草、あとプルーンなどを
積極的に食べたいと思う。

なんだかとっても長くなってしまったけど、でも私はとっても元気なので、
是非遊びに誘ってくださいませ・・・。



病院で結果を聞いてから、実家に行ってお昼ごはんを頂く。

そして昨日手術したパラボナアンテナフルークに会った。

Cimg8553_f.jpg

思ったより元気そうで良かったけど、方向転換などをしようとしてエリザベスカラーが
当たるとその場で固まっているので、少し方向を正してあげると動きだす。

Cimg8559_f.jpg

まるでぜんまいで動いているおもちゃのわんこのよう・・・(ちょっと大きい)。
めろおむはエリザベスカラーをつけていても、そういう動きはなかったな・・・。

もうちょっと実家にいたかったけど、めろおむが待ってるし!
ということで、自宅へ。
いつもは実家から帰るときは車で大体夜遅くが多いので、こんな時間に
電車で実家から帰るというのは、なんか不思議な感じだった?。


本当は何か治療することになったら自宅のそばの病院に転院しようと思って
いたけど、今回の担当の先生がすごくいい先生だし、病院も親切な感じなので、
ちょびっと遠いけどここに通うことに。

鉄剤を飲んでの結果を診るために、また来月血液検査の予約を入れた・・・。

そうそう、肝心の生理痛は、体調などに左右されることも多く、原因がはっきり
しない場合が多いらしい・・・。
一応痛み止めを出してくれた。

まあ、何かすごい病気でなかったのは良かった。
それに、これをきっかけに、検診を受けれたことは、ある意味良かったなと思う。

ポリープも取ってもらったし、貧血なこともわかったし。

自分も受けれたから言えることかもだけど、定期的に検診を受けることを
お勧めしたいです。
私にも検診を勧めてくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

最近色々な症状で色々な科の病院を受診しちゃってます。

しかも今回はあまり縁がなかっ整形外科。


そもそもどういう症状だったかというと、先月実家に滞在中に最初に気づいたのだけど、
左足の指の辺り(どの指かは最初はわからず)に何か挟まっている?か、何かできている
ような感覚を感じる。
と言ってもたいした感覚ではないので、お風呂に入っているときに思い出したら指を
検分してみるも何も見つからず。
あれ?なんだったんだろう・・・とは思ったけど、何か付いていた物が取れたのかな?
ぐらいに思っていた。

それが最初でずっと深く考えてなかったのだけど、こちらに戻ってきてからも
その違和感がまだあることに気づき、さすがになんだろう???と気になり始めて
お風呂場で真剣に指を触ったりしていたら、なぜかそのときは小指の感覚が
ないのかと勘違い?をし、指を切らないといけない!と妄想は突っ走り、お風呂で
号泣し、たまたま洗面所にきた旦那が突然お風呂場で泣いている私に当惑・・・。

大体なぜ私はそう思ってしまったかというと、自分は太ったので糖尿病になって
しまったと思い込み、糖尿病→足切断と、やや間違った解釈をしてしまったのだ。

お風呂場から出て夫に足を見てもらったら、指が死んでたら色が変わってるしと、
軽く流される・・・(-_-;)

「指の色が変わってたらもう終わりじゃないの!!!」と、大騒ぎするも、
ほとんどスルーされる(-_-;;)

・・・・確かに指は死んでないのかも・・・でも、この違和感は確かにあるし、
一体なんなのかわからないまま・・・。

そしてまた暫く経つにつれ、その違和感が左足の薬指から感じられていることに気づく。

最初は違和感だけだったのが、触ったらやや痛みを感じるようになり、歩くときも
指を意識し過ぎてか、自分の中では指を床から浮かせようと無意識にしちゃって、
びっこをひくようになる。


と、ここまで来たのでとうとう整形外科にまずは行くことに。

Cimg8503_f.jpg

新しくできた整形外科なのでなんとなく空いていると思ってたら、けっこう待っている人が
いてびっくり。
リハビリ室もあったりした。
最近は問診表ばかり書いているなあ・・・と思いながら問診表を書く。
そして壁にかけてあるTVで秋刀魚料理を観ながら待つこと50分ぐらい?

先生は自信たっぷりに話す感じで、指を触ったり、曲げさせられたり、色々質問を
された結果、「末梢神経炎」と診断される。

指への血行不良&栄養失調(!!!!)が原因ということで、ビタミンB12の錠剤、
メチコバールが処方される。

このぽちゃぽちゃの身体で栄養失調とか言われると、栄養のないジャンクフードばかり
むさぼっていると思われたかしら?と余計な心配をする。

栄養失調と言っても、指の栄養失調なので、血液が行き渡ってないことによる
ものなのか?

確かに床に座るときに左足を曲げる癖があってそこにおむが乗っかってくるので
そのせいかも・・・とか思ったりもしたけど、運動不足が1番の原因のような気がしてきた。

普段は質問魔の私なのだけど、ちょっとこの日は質問はあまりできなかった。

さすが開業医というべきなのか、経過を見せるために次の予約もとられる。

原因がわかって、しかもたいした病気ではなくほっとしたけど、自分の生活習慣が
招いている気がして、毎日の積み重ねが自分の身体を作ってるんだーと実感。
この時点でわかって良かったのかもと思った。
今日は雨の中病院へ。

先週の土曜日が文化の日で休みだったせいか、めちゃ混み。

2時間近くは待ったかな。

途中うとうとして起きたら警察が。

何か事件か?と思ったら、病院のバスが事故ったようで。

怪我した方はいなかったみたいで良かったですが、すごい事件を
勝手に想像してしまった私でした。

ちなみに、今日は通院をしてきて、ワースト3に入るような出来事が。

そういうときは明るめの画像を。

今年の1月に撮影したもの。

Cimg0867_f.jpg


画像っていっぱい撮っても、ごくわずかしか公表しないけど、
後から見ると、なんか思い出深いものばかり。

Cimg0870_f.jpg

やっぱり今のおむはちょっと前より華奢かな??
この画像のおむは、首ががっしりして見える。

午後は珍しく夫が休日出勤でした。

頭のあたりががちがちで、なんか症状が悪化したご様子。

季節の変わり目だからかな?

Cimg6349_f.jpg


風邪薬を飲んでたからか、インターホンの音に全く気づかず、
夫が帰ってきたら、2つ不在票を持っていた。

1つは宅配ボックスに入ってたから良かったけど。

夢ばかり見ている感じで、全然熟睡してない感じなのに・・・。
なんかここ2?3日、熱っぽいし、頭痛が・・・とか思ってたけど、
今日は梅雨の時期に毎日悩まされたような、けっこうきつめの
頭痛が夜にかけてあった(>_<)

でも熱は計っても全くない。

またあのときみたいに続いたら、先生に、神経内科の頭痛外来に
行って、頭痛は個別に見てもらったほうがいいって言われてたので、
憂鬱。


季節の変わり目って、どうしても目が疲れ易くなったり、
首肩が凝り易くなる気がする。

しかも、眠気もすごかったので、日曜日で夫がいたから、
眠気にまかせて寝ていたら、夫が起きるときに、めろおむを
リビングに連れて行ってくれて。

だけど、寝室まで聞こえてくる、おむの「ぎゅう?ぎゅ?」という
私を呼ぶ声。

おむは小さいときから、例えばサークルに長く入れておいても、
全く出して?とか鳴かないような、不思議なコなのに、なぜか
鳴いてる?と、めちゃくちゃ気になる。

しかもこんなに聞こえるなんて、リビングの閉まっているドアの前で
鳴いているのかな??

夫は自分では私を起こさないけど、結局めろおむ部隊をまた
寝室におくりこんできて、私はベッドの上で大喜びするめろおむに
起こされる・・・。

Cimg6393_f.jpg


同じおうちの中にいても、私が別の部屋にいたりで見えないところに
いると、めろおむはそわそわしちゃうみたい・・・。

なんとも可愛い。

それにしても、この頭痛・・・また毎日続きませんように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。