めろんがいるから4

スムチーのめろんとおむらいすとくるとんとまどれーぬとの何気ない生活とか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近色々な症状で色々な科の病院を受診しちゃってます。

しかも今回はあまり縁がなかっ整形外科。


そもそもどういう症状だったかというと、先月実家に滞在中に最初に気づいたのだけど、
左足の指の辺り(どの指かは最初はわからず)に何か挟まっている?か、何かできている
ような感覚を感じる。
と言ってもたいした感覚ではないので、お風呂に入っているときに思い出したら指を
検分してみるも何も見つからず。
あれ?なんだったんだろう・・・とは思ったけど、何か付いていた物が取れたのかな?
ぐらいに思っていた。

それが最初でずっと深く考えてなかったのだけど、こちらに戻ってきてからも
その違和感がまだあることに気づき、さすがになんだろう???と気になり始めて
お風呂場で真剣に指を触ったりしていたら、なぜかそのときは小指の感覚が
ないのかと勘違い?をし、指を切らないといけない!と妄想は突っ走り、お風呂で
号泣し、たまたま洗面所にきた旦那が突然お風呂場で泣いている私に当惑・・・。

大体なぜ私はそう思ってしまったかというと、自分は太ったので糖尿病になって
しまったと思い込み、糖尿病→足切断と、やや間違った解釈をしてしまったのだ。

お風呂場から出て夫に足を見てもらったら、指が死んでたら色が変わってるしと、
軽く流される・・・(-_-;)

「指の色が変わってたらもう終わりじゃないの!!!」と、大騒ぎするも、
ほとんどスルーされる(-_-;;)

・・・・確かに指は死んでないのかも・・・でも、この違和感は確かにあるし、
一体なんなのかわからないまま・・・。

そしてまた暫く経つにつれ、その違和感が左足の薬指から感じられていることに気づく。

最初は違和感だけだったのが、触ったらやや痛みを感じるようになり、歩くときも
指を意識し過ぎてか、自分の中では指を床から浮かせようと無意識にしちゃって、
びっこをひくようになる。


と、ここまで来たのでとうとう整形外科にまずは行くことに。

Cimg8503_f.jpg

新しくできた整形外科なのでなんとなく空いていると思ってたら、けっこう待っている人が
いてびっくり。
リハビリ室もあったりした。
最近は問診表ばかり書いているなあ・・・と思いながら問診表を書く。
そして壁にかけてあるTVで秋刀魚料理を観ながら待つこと50分ぐらい?

先生は自信たっぷりに話す感じで、指を触ったり、曲げさせられたり、色々質問を
された結果、「末梢神経炎」と診断される。

指への血行不良&栄養失調(!!!!)が原因ということで、ビタミンB12の錠剤、
メチコバールが処方される。

このぽちゃぽちゃの身体で栄養失調とか言われると、栄養のないジャンクフードばかり
むさぼっていると思われたかしら?と余計な心配をする。

栄養失調と言っても、指の栄養失調なので、血液が行き渡ってないことによる
ものなのか?

確かに床に座るときに左足を曲げる癖があってそこにおむが乗っかってくるので
そのせいかも・・・とか思ったりもしたけど、運動不足が1番の原因のような気がしてきた。

普段は質問魔の私なのだけど、ちょっとこの日は質問はあまりできなかった。

さすが開業医というべきなのか、経過を見せるために次の予約もとられる。

原因がわかって、しかもたいした病気ではなくほっとしたけど、自分の生活習慣が
招いている気がして、毎日の積み重ねが自分の身体を作ってるんだーと実感。
この時点でわかって良かったのかもと思った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。